うたかたの日々

本日の独り言

もう4月も後半になろうとしているのに、2月に訪れたニースとパリの余韻が今だに残っている。

フランスを訪れて思った事。

なんて美しい街なんだろう!!

パリの街を観光する際に初めて乗ったタクシーの運転手に、私はこの言葉を伝えたくて仕方がなくなり、翻訳機を使い運転手の男性にその事を伝えた。

イスラエル系のタクシー運転手の若いお兄さんは照れ臭そうな笑顔を返してくれた。

私はこの街に住みたいと、心から思えたのだ。

その思いは、滞在中に増していった。

そんなに色々な国は行ったことがないのだけれど、初めて心から住みたいと思えたのだ。

イタリア、ギリシャ、トルコ、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、カナダくらいしか訪れたことはないのだけれど。。。。。

何かを見て、美しいと思う基準は人それぞれだけれど、私の美の基準にそればズバリと適合したのであった。

そして、兎に角食べ物が美味しいという事。

日本とはまた違う美味しさを味わう事が出来た。

ここにきて、今更だがフランス語を学びたいという欲が出てきた。


空が飛べたら、頑張ってフランスまで自力で行くのになぁ〜。。。。


空を飛んでいくといったい何日かかるのだろう。。。。


地図で行き方をちゃんと考えて、暖かい季節に、野生のリンゴがなる季節に、林檎がありそうな場所を飛んでいくとしよう。

お腹が空いた時に林檎をもぎ取って空腹がしのげるからだ。

国境はどんな風に超えていったらいいのかなぁ。

紛争地は避けないと、流れ弾に当たったら大変だから防弾チョッキも着ていった方がいいなぁ。

マムートのヘッドライトは絶対持って行こう。

私、一人で頑張っていけるかなぁ。。。。


考えると問題点ばかり浮かんでくる。

飛行機で行くより、空が飛べたなら、自力でフランスまで行けたら、むちゃんこ楽しいだろうなと思った。

魔法のじゅうたんでも悪くない。

どこでもドアは、直ぐに行きたい場所にいけるのがつまらないのでナシだな。

あ〜早くまたフランスに行きたいと毎日思っている。


今日もまた、黄昏ながらそう思うのであった。


5月お料理教室空席情報

5月のお料理教室は本日で終了致しました。

ご参加下さいました皆様、誠に有難う御座います。

そして、5月のご予約が本日よりスタートいたします。

【空席情報】

5月13日
午後の部ー空2席。

5月17日
午前の部ー空4席。
午後の部ー空3席。

5月21日
午前の部ー空2席。

5月22日
午前の部ー空4席

以上でございます。

ご予約はHPよりお願い致します。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

お料理教室でお逢いしましょう。

4月4日朝の独り言

 おはようございます。先月末、とうとう自宅にネット環境を置く事を決意した。

今までは、自宅で仕事をする事はなるべくしないようにしていたからだ。

という事で、本日も自宅で仕事をしている。

私の住む街は何度もこのブログで伝えているが、観光地でとても風情のある街並みの中にある。

そして、私の部屋はお父さんに乗っ取られてしまったので、仕方なしに弟の部屋だった場所にいるのだが、なかなかこじんまりとしたこの部屋もとても気に入っている。

特に気に入っているのは窓から見える景色だ。

窓を開けると、すぐ手の届く位置にお隣さんの屋根がある。

ついうっかり窓を開けたままにして、飼い猫ゾーイがそのまま脱走してしまった事が2回ほどあった位の近距離である。

お隣は数年前から空き家になっていて、町全体の建物が重要伝統建造物に指定されていることもあり、手つかずのまま、年々朽ち果てている。

子供の頃に弟と、よく屋根に登って遊んでいた。

屋根をつたって数軒先の友人の家に行けそうなくらいの密集度の住宅地であるからだ。

窓から見える景色は決して美しいものではないのだが、この景色がなんだか好きなのである。


2月に行ったニースでの滞在先のことを思い出す。
旧市街のど真ん中のアパルトマンの3階であったが、なんだかそこと雰囲気がにているのであった。

このこじんまりとした部屋の色々な好きはあるが、一番は小公女セーラになったような気分にさせてくれる事である。

物語の中では、インド人の召使とお猿さんが窓の向かいに住んでいるが、ここにはそれはない。

グレーと黄色の鳥さんと、白とベージュのシマシマの猫がやって来るくらいだ。

とても気に入っている景色と場所だが、そろそろここも去ろうと数年前から思っている。

素敵な場所があるといいなぁ。

窓からは空も緑も見えて、時たま鳥さんが遊びに来てくれるような場所。

できれば渋い物件がいいなぁ。

新しい家にはとてもお気に入りのアンティークの家具やオブジェはとても似合わないから。

そんな事を考えている横で、飼い猫ゾーイは気持ちよさそうに眠り始めた。

あ〜私も猫になりたいなぁと今日も思うのであった。

本日の独り言

今日は、自室の窓辺から仕事をしている。

山も青空も見える。私の好きなピュアベルガモットのお茶もあるし、さっきまで目の前で日向ぼっこしていたゾーイもいるし、音楽はないが、鳥のさえずりと風の音がする。

お隣さんは空き家でとても年代の古い日本家屋で、瓦がボロボロだけれど、嫌いではない。

でも台風の時や、雨の時、地震の時は大丈夫かなと心配になってしまう。

私は良く、高い場所のパトロールをするから、2件お隣さんの屋根に穴が空いていたのも発見した。

そこからハクビシンが出入りしていたと家主のおじさんが言っていたが、それは、白とベージュのゾーイのお友達の猫の仕業だと睨んでいる。

 自宅の窓から見える山の景色が春めいてきた。

最近の過去を振り返る。

黄金色に輝いたイチョウの木は丸裸になり、山を眺めると少し寂しいグレーの印象は今はもうどこにもない。青々と茂った山には山桜さえ見ることができるのだ。

春がやってきた。

この時期になると必ずやってくる飼い猫ゾーイのお友達はまだ現れないと思っていた矢先のある日曜日、つがいでゾーイを訪問してきた。

昨年までは一人で訪問していたのになぁ。。。

私が気づいていないだけで、どうやら彼らはちょくちょくと私たちのこの小さな隠れ場所を訪問していたようだ。
今思い返すと、ゾーイが彼らと喋るときのなんとも言えない鳴き声を最近になって2回ほど聞いたことがあつた。
グレーと黄色の羽をまとったつがいの訪問者はお隣さんの、今にも朽ち果てそうな空き家の瓦屋根のてっぺんから私たちの方を見ている。

せっかく訪ねて来てくれたのに、ゾーイはベットでうたた寝中であった。

 毎年春になるといつもいう言葉がある。

「春眠暁を覚えず」

日々色々な方々と会うたびに私が決まっていう言葉だ。

もうはっきりと言ってしまいたい。

春は本当にやる気が出ない。

もうはっきりと言ってしまおう。

ここのところ数年、やる気が失せている。

こんな状態が続いてもう2年になろうとしている。

春のせいにしてみた。でもやっぱり春のせいだと思う。

以前は毎日やる気全開で常に前のめりなイメージの私であった。

これはうつ病かと自問するが、自分で鬱とわかる事自体うつ病ではないのだと思う。

そして、私の性格はスーパーポジティブなのだから、そんな事はきっとないのであろう。

ではなぜこのような状況が続き2年にもなろうとしているのかはいまだによくわからない。

考えても結論が出ないときは都合の良いように解釈するようにしている。

これは、大人になったという事だと思うようにこれからしようと考えている。

では、大人になるとはどういうことか?

それは、感動や興奮の刺激が薄らいでいくということであると考える。

うん。すごく納得している。

そうか〜!感動や興奮するような事を探せばいいんだ!

答えは意外に簡単であった。

誰かに会う事や、どこかに出かける事。

そういえばここ2年くらいは特に新規開拓はしていなかったと気付いた。


そうとなれば、ではどこに行こうかな〜。。。。


仕事をする前には心と身の回りを整えることから始めないと何も始めれないめんどくさい私のはじまりの独り言であった。

4月のお料理教室に追加日を設けました。

4月の空席情報のお知らせです。

 いつもご参加いただいています皆様、有難うございます。予約が取りにくく、ご迷惑もおかけしており誠に申し訳ありません。

 4月は暖かくなってきたら恒例のピクニックメニューのご紹介です。
人気の講座ですので、追加日を設けました。

お時間ございましたらぜひご参加くださいませ。

開催日:4月8日〜15日、追加日16日

<午前の部>
 4月11日ー空1席(満席となりました)
 4月12日ー空1席(満席となりました)

 追加日:4月16日ー空8席

<午後の部>

 4月8日ー空2席
 4月9日ー空2席
 4月10日ー空1席


ご予約くださいました皆様、誠に有難うございます。

ご予約はHPの予約フォームよりお願い致します。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。